2017

口頭発表

M2/松本 拓也 2017.11.5
Takuya Matsumoto, Shigeyuki Sato, and Kiminori Matsuzaki:
Implementing Maximum Flow Algorithms on Spark GraphX.
Proceedings of 6th International Symposium on Frontier Technology,pp. 347-352, 2017.

口頭発表

B4/藤田 竜貴 2017.11.5
Ryuki Fujita and Kiminori Matsuzaki:
Improving 2048 Player with Supervised Learning.
Proceedings of 6th International Symposium on Frontier Technology, pp. 353-357, 2017.

口頭発表

M2/松本 拓也 2017.9.19
松本 拓也, 佐藤 重幸, 松崎 公紀:
Spark GraphXによる最大流アルゴリズムの実装と評価.
日本ソフトウェア科学会第34回大会, 一般1-3-L, 2017.

論文誌

M2/宮崎 玲奈 2017.8.15
Reina Miyazaki, Kiminori Matsuzaki, Shigeyuki Sato:
A Generator of Hadoop MapReduce Programs that Manipulate One-dimensional Arrays.
Journal of Information Processing, Vol. 25, pp. 841-851, 2017.

口頭発表

D3/Onofre Coll Ruiz 2017.7.11
Onofre Coll Ruiz and Kiminori Matsuzaki:
Keeping Control Away from Computation: A Computation Control Layer over the Vertex-centric Graph Processing Model.
Proceedings of 10th International Symposium on High-Level Parallel Programming and Applications, pp. 187-204, 2017.

ポスター

留学生B4/Fangyuan Liao 2017.4.25
Fangyuan Liao, 松崎 公紀:
Experimential Analysis of Prefix-sums Implementations on Multicore Clusters.
The 1st cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG 2017), Poster, 2017.

論文誌

M1/松本 拓也 2017.3.15
Takuya Matsumoto and Kiminori Matsuzaki:
Evaluation of Libraries for Parallel Computing in Haskell --- A Case Study with a Super-Resolution Application---.
Journal of Information Processing, Vol. 25, pp. 308-316, 2017.

ポスター

B4/寺口 守 2017.3.9
寺口 守, 佐藤 重幸, 松崎 公紀:
Pregel+プログラムの性能解析.
第19回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2017), カテゴリ3 (ポスター), 2017.

口頭発表

M2/宮崎 玲奈 2017.1.10
宮崎 玲奈, 松崎 公紀, 佐藤 重幸:
一次元配列を操作するプログラムに対するHadoop MapReduceプログラム生成系.
情報処理学会第112回プログラミング研究会, 2016-4-(2), 2017.

口頭発表

M2/岡 和人 2017.1.8
岡 和人, 松崎 公紀:
システム的選択による N-tuple networks の"対戦型2048"への適用.
情報処理学会第58回プログラミング・シンポジウム, pp. 193-202, 2017.

2016

口頭発表

D2/Onofre Coll Ruiz 2016.9.22
Onofre Coll Ruiz, Kiminori Matsuzaki, and Shigeyuki Sato:
s6raph: Vertex-centric Graph Processing Framework with Functional Interface.
Proceedings of the 5th ACM SIGPLAN Workshop on Functional High-Performance Computing (FHPC'16), pp. 58-64, 2016.

口頭発表

M2/宮崎 玲奈 2016.9.7
宮崎 玲奈, 松崎 公紀:
データ依存を持つ繰り返し計算アルゴリズムからのHadoop MapReduceプログラムの生成.
日本ソフトウェア科学会第33回大会, 2016

口頭発表

M1/松本 拓也 2016.8.10
松本 拓也, 松崎 公紀:
Haskellの並列ライブラリの有用性の検証 -超解像処理を用いた事例研究-.
情報処理学会第110回プログラミング研究会, 2016-2-(7), 2016.

口頭発表

M2/岡 和人 2016.6.29
Kazuto Oka and Kiminori Matsuzaki:
Systematic Selection of N-tuple Networks for 2048.
9th International Conference on Computers and Games (CG2016), pp. 81-92, 2016.

論文誌

M1/宮崎 玲奈 2016.6.1
Kiminori Matsuzaki and Reina Miyazaki:
Parallel Tree Accumulations on MapReduce.
International Journal of Parallel Programming, Vol. 44, No. 3, pp.466-485, 2016.

論文誌

D2/Wei Hao 2016.3.15
Wei Hao and Kiminori Matsuzaki:
A Partial-Tree-Based Approach for XPath Query on Large XML Trees.
Journal of Information Processing, Vol. 24, No. 2, pp. 425-438, 2016.

ポスター

B4/岡 和人 2016.3.7
畑中 涼, 松崎 公紀:
プログラム高速化の効果の検証 -超解像処理を題材として.
第18回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2016), カテゴリ3 (ポスター), 2016.

口頭発表

M1/宮崎 玲奈 2016.1.13
宮崎 玲奈, 松崎 公紀:
Hadoopにおけるリスト上の累積計算の実装手法が性能に与える影響についての考察.
情報処理学会第107回プログラミング研究発表会, 2015-4-(6), 2016.

口頭発表

M1/岡 和人 2016.1.8
岡 和人, 松崎 公紀:
「2048」プレイヤの評価関数:1人プレイと対戦プレイでの評価.
情報処理学会第57回プログラミング・シンポジウム, pp. 9-18, 2016.